賃貸契約の仲介手数料の交渉②|交渉しやすい物件の見極め方

賃貸では、仲介手数料の交渉がしやすい物件と、しにくい物件があります。

交渉のしやすい物件では、入居者側が強気に出られるため、仲介手数料を最大ゼロまで値引きする事も可能です。

前回までの記事で、仲介手数料の値引きをしやすい物件は、「どの不動産業者でも紹介可能な一般物件で、なおかつオーナーからの広告料の多い物件」とお伝えしました。

前回までの記事はこちら

>賃貸契約の仲介手数料について|広告料の仕組み

>賃貸契約の仲介手数料の交渉①|値切れる物件、値切れない物件について

今回は、その値引きのしやすい物件の見極め方をお伝えします。

1.まずは物件名をインターネットで検索

見学に行って、気にいる物件があった場合は、一度インターネットでその物件を検索してみましょう。

Googleなどで「物件名 + 駅名 もしくは 住所」で検索し、検索結果の中から、スーモやホームズなどの最新の物件情報を見つけます。

インターネットには、同じ物件を取り扱っている数多くの業者が、同一物件の情報を掲載しています。

一つの業者しか紹介出来ない専任物件であれば、いくら検索しても問い合わせ先は、物件を紹介してくれた1社(もしくは同一系列店)しか出て来ないと思います。

逆に、検索した物件がいろんな業者に掲載されている物件であれば、それはどこの業者でも紹介出来る一般物件の可能性が高いです。

インターネット画像

2.複数の業者が掲載していたら、ひとつひとつコメントを見ていく

検索した物件が、複数の業者によって掲載されていたら、更にそれぞれの掲載ページのコメントを見ていきます。

もしコメントや備考欄に「当社だけの専任物件です」や、「当社が貸主です」というコメントがあれば、そこの会社に問い合わせるしかありません。

しかし、どこかしらの業者が1社でも、仲介手数料無料で紹介可能ですや、「お家賃相談可能です」というような記載をしてれば、その物件は交渉のしやすい物件の可能性が高くなります。

基本的に一般物件であれば、1つの業者が安く交渉出来るのであれば、どこの業者でも同じ条件までは交渉出来ます。

「この会社にしか交渉はさせない」ってオーナーさんはほとんどいませんので。

ですので、インターネットで物件を検索して、交渉出来そうなコメントがあれば、もうその画面を営業マンさんに見せて良いと思います。

「他の業者さんでは、この物件も手数料無料に出来るみたいなんですが~」と言えば、対抗して大幅に値引いてくれるはずです。

3.その他の、交渉しやすい物件としにくい物件

大手ハウスメーカーの、「大東建託」「積水ハウス」「旭化成」「大和ハウス」がサブリースで貸主となっている物件は、ここ最近広告料がかなり少ないです。

そのため、仲介手数料も半額くらいが限界で、それ以上は下げれない物件が多いです。(ちなみにハウスメーカーは、決算時の入居率を上げるため、決算前は家賃や礼金の交渉がしやすいです)

参考 >大和ハウスの賃貸は3月、9月の契約がお得!

逆に、1部屋1部屋オーナーが違う賃貸用の分譲マンション(プレサンスシリーズやエスリードシリーズなど)は、オーナー同士で競うためか広告料が高い事も多く、交渉しやすいでしょう。


今はどの業者もインターネットで集客している時代です。

そのため、インターネットに掲載されていない隠し物件はほぼ無く、良い条件のお部屋であればある程、多くの業者がこぞってインターネットに掲載します。

昔の、週に一度発行される紙媒体でしか物件を探せなかった時代と比べれば、簡単に情報を入手出来るようになっています。

インターネット検索でしっかり情報を集める事が出来れば、不動産屋の言いなりにならずに、より良い条件でお部屋を借りることが出来ると思います。

次:賃貸契約の仲介手数料の交渉③|交渉の仕方とタイミング

前:賃貸契約の仲介手数料の交渉①|値切れる物件、値切れない物件について

レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

レクタングル大