賃貸契約の仲介手数料とは|広告料の仕組み

itimanensatsu

1.仲介手数料とは

気に入ったお部屋が決まったら、いよいよ申し込みや契約となるわけですが、その際に気になるのが、費用面ではないでしょうか。

この時かかる費用の中に、仲介手数料という費用があります。

物件を紹介した仲介業者が取得する手数料の事ですね。

このお金は、オーナーや物件の管理会社には一切関係無く、ただ単に仲介業者の利益になってしまうだけのお金です。

つまり、入居者側としては、出来るだけ安くしたい費用です。

今回は、まずは仲介手数料の仕組みについてご紹介して行きます。

手数料の交渉方法について知りたい方はこちらです。

>賃貸契約の仲介手数料の交渉①|値切れる物件、値切れない物件について

>賃貸契約の仲介手数料の交渉②|交渉しやすい物件の見極め方

>賃貸契約の仲介手数料の交渉③|交渉の仕方とタイミング

2.仲介手数料の取得イメージ

法律上の仲介手数料イメージ

そもそも、仲介手数料とは、仲介業者がお部屋の貸主(オーナー)と借主双方に、両方合わせて家賃の「1ヶ月分(+税)」まで請求する事が出来るお金です。

オーナーと借主の双方にそれぞれ家賃の半月分まで請求できる、と法律では決められています。

しかし、借主から承諾を得た場合は、借主からまるまる1ヶ月分の仲介手数料を取得する事も出来ます。通常は、重要事項の説明(契約前の説明)時に、仲介手数料の金額も記載されていて、あわせてサインを貰うことが多いです。

法律で決まっているのは最大額ですので、仲介業者によって手数料が ゼロ~1ヶ月分とひらきがあります。

ただ、実際の業界では、少し違った慣習となっております。

3.実際の仲介手数料の取得イメージ

実際の取得イメージ

図のように、借主からは最大の1ヶ月分の手数料をもらい、更にオーナーからは、広告料や業務委託費といった、手数料とは別の名目で、家賃の2ヶ月分、3ヶ月分の手数料をもらいます。

本当は、借主から半月分、オーナーから半月分で合計1ヶ月分のはずなのですが、それ以上に仲介業者が利益を得ています。

広告料という、仲介手数料とは別の名目で手数料を貰うので、手数料1ヶ月分までという法律の縛りを逃れているのです。

一応、広告料に関しては、基本的にオーナーが金額を決めるのですが、それでも家賃の1ヶ月分~3ヶ月分の設定をされているオーナーさんが多いです。そのため、ひとつの契約で合計家賃の3ヶ月分、4ヶ月分の手数料が仲介業者の売上として入る事もあります。

4.もともと仲介手数料ゼロの業者には気をつけて

よくある、仲介手数料がゼロとうたっている仲介業者は、オーナーからの広告料が大きいところしか紹介してくれません。

借主からもらう手数料がゼロでも、オーナーからたくさん貰えればそれで利益はとれます。

特に、売上のことしか頭にない営業マンに当たってしまうと、広告料の多い物件ばかり紹介されてしまうので、自分の希望のお部屋を見つけられない可能性もあります。

営業マンからすれば、利益の少ない優良物件より、利益の大きいいまいちな物件を紹介した方が売上が大きくなるためです。

営業マンに、広告料はいくら?などは聞いても教えてくれませんが、そういった仕組みを理解した上で不動産屋に行くと、良い営業マンと悪い営業マンも見抜きやすくなると思います。

手数料の交渉や値切り方については、下記の記事をご参考下さい。

>賃貸契約の仲介手数料の交渉①|値切れる物件、値切れない物件について

>賃貸契約の仲介手数料の交渉②|交渉しやすい物件の見極め方

>賃貸契約の仲介手数料の交渉③|交渉の仕方とタイミング

レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

レクタングル大